10行メンバーの徒然日記

ブログトップ

<   2007年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

さっちゃんはね

FM21の「ウィークエンドパーティー」って番組のパーソナリティーで
県内外でコツコツと頑張るミュージシャンを数多くサポートする姉御なんだ。
そして
大きな仕事をする旦那さんと、かわいい娘ちゃんの人生をしっかと支えてる肝っ玉かあさんなんだ。ホントはね~♪
そんなさっちゃんは、頑張ってるとき必ずタイミングよく現れて助けてくれる。

こないだもプロモーション先の駐車場でバッタリ。
コソコソと逃げようとしてる所を「コラ!コラ!」とゲット(笑)
今日、番組に生出演してしっかりと「琉璃」の宣伝してきましただ。
で、帰りはオキマリのてんぷすそばとぜんざい&おしゃべりで締めくくり。
ほんとに優しい人ってなかなか出会えないけど。。。
いまだ体内に余韻が残ってる彼女のあたたかさは格別です。
[PR]
by jyugoo | 2007-03-31 18:39 | Vocal. 樺里美

フライング

やばい。
色んなことが同時進行で進んでいて、ソレに私の若くない頭が着いていけなくなっている!(汗)
ということでマネージャーの確認メールで助けられている今日この頃です

本日は「求人情報誌ルーキー」の取材を受けました。
ライターのK氏とは2度目。かなーりユニークな人物で、ドクター中松のフライングシューズで毎日マラソンをしているそう。とても運動になるとオススメされました(笑)

私からは栄町の山入端てんぷらをオススメ。
「栄町はナイチャーも地元も当然価格は変わりませんよ」と告げたらとても喜んでた。
最近あちこちで耳にするけど、観光地化した市場で地元と観光客への販売価格に差があるってホントなの!? むしろ わざわざ遠方から来た客にこそサービスするべきだと思うケドなあ~
[PR]
by jyugoo | 2007-03-27 23:47 | Vocal. 樺里美

おばーちゃん

写真撮っとけばよかったな、、、
久しぶりに見たおばーちゃんの満面の笑顔。

今や何の心配もなく、気の向くまま歌ったり踊ったり
ふと思い出したように
「私はいい人に恵まれてた。嫁ぎ先の人も、子供たちも、親戚も、みーんな良い人ばかりだった」としみじみ語り 大好きなマンゴージュースを一口ごとに感嘆の声あげながら一滴残さず嬉しそうに呑む。

色々な難儀があったことも聞いてたおばーちゃんの人生。
もしかしたら全てを忘れられた今が一番幸せなのかな?

風車と戯れる童のごとく、純真無垢な心に達し、その幸福を七つの辻(周囲の人々)に分け与えるといわれる数え歳97才=かじまやー祝いとはよく言ったもんだ。
[PR]
by jyugoo | 2007-03-25 20:08 | Vocal. 樺里美

晴れますように

某所での撮影許可を得るために教育委員会へ。
世界遺産といういかにも高そうな敷居だが、意外にあっさりとした書類だけでいけそう。うれしい。
e0013907_1411511.jpgまた大好きな場所で、ステキな人達と時をすごせそうだ。

担当してくださった文化財課の方、親切で優しい女性で
バタバタした気持ちがホッとした。
あとは晴れを祈るだけだな~~~っ。と思ったら、
私の知る限りでは一番の雨男が「ボクも行きたいな」とボソ
彼に罪はないが却下即決する。笑

写真は以前写した金剛石林山の一角
[PR]
by jyugoo | 2007-03-23 17:37 | Vocal. 樺里美

琉球古典音楽

e0013907_1327586.jpg
こういうスタジオには無縁の音楽家たちがいる。
黙々と鍛錬積み、脈々と唄い伝えられてきたその音楽がいつまでも無縁じゃ~いけない。と思う。

今日、このスタジオで伝統の技と心が残された。
唄・三線と箏、総勢28名の古典音楽家たちは、かなり興奮気味に
各々の仲間たちの元へ 初レコーディングの土産話しを持って帰った。
継承すべき古来の文化も、広く伝えるための新たな展開は必要だと思う。
[PR]
by jyugoo | 2007-03-21 23:33 | Vocal. 樺里美

祭りだ祭りだ

昨日 今日と
栄町と栄町関連、2日連日のお祭りだ~
楽しいけどスタッフはへろへろだぞ~(笑)

昨日(17日)は、市場アーケード通りの仮設ステージで午後3時~7時半まで
たくさんの出演者が熱演。
e0013907_12215995.jpg
≪出演≫
おばぁラッパーズ、マルチーズロック、知念保(栄町ボトルネック)、
ミユキ(10行)、やいまのおじぃ、ホールズ、ちえみジョーンズバンド、TEN、ウェルディング、チャーミングティアラ(フラダンス)

長丁場にもかかわらず、最初から最後まで またまた凄い人出で嬉しかったさあ~~
めいどいん栄町市場も琉璃も売れたさ~ウシシシ


んで今日(18日)は地域交流まつり会場へ。
久しぶりに見た 喜劇の女王 仲田幸子!
サイコーー!!沖縄の自慢!偉大なエンターテイナーだ!
久々に見たハゲヅラの幸子さん(笑)
「だんぱちやーのミートゥンダおーえー」は、何度見ても可笑しい。
昨夜の打ち上げの残留浮遊感も相まって、ほわほわと幸せだった
[PR]
by jyugoo | 2007-03-18 11:44 | Vocal. 樺里美

大昔節

ウフンカシブシと読みます。

琉球古典音楽の中で最も古い音曲集とされてて、
「茶屋節」「昔蝶節」「長ぢゃんな節」「仲節」「十七八節」の5節(5曲)があります。

で、大昔ってどのくらい昔よ?っつーと、、、
現在の三線音楽の創始者は16世紀に現れ出でた赤犬子(アカインコ;赤インぐわーではないw)だと言われてるんだけど、
大昔節はその時すでに存在していて、12世紀(鎌倉・室町時代)頃の仏教音楽(声明)の影響をうけて生じた音曲だって説が有力らしい。

で、赤犬子出現から口伝えられ出した三線音楽が今の確固とした謡曲となるまで様々な偉人が関わっては試行錯誤して、 17世紀頃 工工四(楽譜)の原型が出来た時にはもう 殆どの曲は進化して現在のように多くの人に歌い継がれやすい形態に整ってきたという。

しかーし!
偉大な先人たちは、祖先の思想や民族文化が色濃く映るこの大昔節だけは、手を触れずに後世へ継いだとゆう。
もーね、こういう話しには滅法弱いね。すーぐ胸がキュンとしちゃう(笑)
ありがとう!!沖縄ミュージシャンの祖先方!嗚呼、、、キュンキュン
[PR]
by jyugoo | 2007-03-16 16:10 | Vocal. 樺里美

カラオケ

カラオケなかなか行かないんで、何を歌っていいやらと
しばし、最新コントローラーを面白がってて
あっっ!!!!「そーいえばっ!」と思い出し、
検索してみたらば…
あったよ!あった!!

e0013907_1182736.jpge0013907_1184386.jpg

ギターソロまでちゃんとコピられてる~。感動~(笑)

シングル「暁」に入ってます“十字路”
皆さんもどーぞ歌って下さい!

[PR]
by jyugoo | 2007-03-11 10:55 | Vocal. 樺里美

「琉璃」ってナニ!?

という質問が多いので書いておこうかな~と思います。
e0013907_21113036.jpg
まずコレをご覧下さい→
これはもー沖縄では大ヒット商品すね。
老若男女問わずあっちこっちで手首に見かける、言わずと知れた天然石ブレスレット。最近はパワーストーンとも言いますね。

で、「琉璃」もこれらと同じ天然石。日本では「瑠璃」の表記が一般的で、英名をラピスラズリという深い藍色の天然石のことです。
太古から、「邪気をはね除け、幸運を呼び込む」有難い御守りとして珍重されてたらしく琉歌にも詠まれています。

しかし最初からこの言葉が頭にあったわけではなく、あったのは“とても深く濃いあお色のイメージ”だけでした。

1年ほど前から10行の曲を思い描く時いつも頭に浮かんできた「あお色」。この色を表す言葉をずっと捜してた。「青色」じゃない。「紺色」でもない。「藍色」か?それとも「群青色」?? どれもちょっと違うけど、ま、いいか、いつかわかるだろう。と、そんな折、座喜味城跡ライブの企画があがり、更に座喜味の宵のイメージとも一致したため至急探さねばならなくなった。(自分以外からは強いて期待はなかったけれど…苦笑)

というわけで、どこをどうたどり着いたのか覚えてないけど見つけた「るり色」。石を見て「この色だ!」と興奮してたら、周囲に「るり色って知らなかったの?」とちょっと蔑まれた。
「知らなかった。。。るり色って赤っぽいかと思っていた」
・・・・・・・・気を取り直そう。
しかも旧くは、琉球の“琉”を用いてたと。調べたら“琉”は羊水が流れ出る様音を表した字だって。座喜味城跡に感じてた「母性」とも一致した瞬間、座喜味のLiveタイトルとアルバムタイトルが決まったのでした。めでたしめでたし。おしまい。
[PR]
by jyugoo | 2007-03-10 22:55 | Vocal. 樺里美

琉璃のジャケット

e0013907_18171152.jpg

どうだい、この美しいジャケットは!(笑)
3月3日の発売を機に、連日色んな方と会いアルバムを手渡していますが全員が全員、開口一番に「うわーステキ~!(または綺麗~)!」と感嘆の声発せられ、そのたび「むふふふ~イイーでしょ!」とまるで自分の物のように自慢げな私ですが、これは前回のシマキシシングル「暁」のジャケットも手がけて下さった服飾デザイナー“大谷哲生さん”の作品です。

私はこのジャケットのラフデザインを見た瞬間から胸のドキドキが止まらなかった

実は、、、去年 座喜味城跡で歌ったときステージに飛んできた蝶々の羽の柄とこの翼の柄は、そっくり!
というわけで、その前に進んでた別の案から急遽このデザインに変更を頼み 大谷さんには2倍の難儀をさせてしまったのですが(^^;)、見るたびにものすごく嬉しくて「大谷さんに難儀させてよかったな」と・・・(あ、あれ?言い方が変だけど感謝の意です)

今回大谷さんにはもう一つ難儀がありました。なんとアルバムの楽曲ではなく、私の想いだけを延々と語り、デザインに取り組んでもらったんです。なははは(汗;;;;)
長い時は、3時間近くも懇々とお互いの作品に対する考え方とか、果ては思い出話しに到るまで。。。こんなに話したのは今回が初めてでしたが、最初に見た作品から感じた通り穏やかでユーモアがあって、難しくない人でした(笑) 「理屈用いず結果出す」、男はこうでなくっちゃね!(あ、あれ?またエラそう?) 文は変ですが尊敬しています。
[PR]
by jyugoo | 2007-03-10 20:49 | Vocal. 樺里美