10行メンバーの徒然日記

ブログトップ

<   2006年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

考えすぎないこと

ミユキさんの「今年胸に止めておきたいこと」の中に「考えすぎない」というのがありましたが、「すごいやり方」(大橋禅太郎・倉園佳三著/扶桑社)という本にこんな話が載っていました。


難しい問題に出くわしたら、まず、解決策を5秒で考えてみます。

5秒で答えることで、自分の直感から答えを引き出せます。もちろん、5秒で出した答えを実行できるかどうかはその時点では分かりません。でも、『自分が選びたい答え』が何かを知ることが最初のステップ。ほとんどの場合、本当の答えはそこにあります。

チェスの選手を育てるとき、『ファーストチェス』という5秒間の早指しをやらせます。ファーストチェスの指し手と、長考したときの指し手を比べると、86パーセントが同じになるそうです。


ということで、私も最近は5秒で考えて、決めています。
[PR]
by jyugoo | 2006-01-09 01:17 | Bass.安田陽

ムーチービーサー

「ムーチー・・・」
e0013907_0522249.jpg


「大好きッ!!」
e0013907_0525588.jpg
[PR]
by jyugoo | 2006-01-09 00:53 | Bass.安田陽

2006年 ◎ 心想天成

遅ればせながら新年明けましておめでとうございます!e0013907_19563178.jpg

美しい元旦の朝
去年はビリリと引き締まり 息荒くなるほど気合いに満ちていたけれど
今年はまるでいつもの明日を迎えたような 穏やかであたたかい元旦を過ごしました。

やるべき仕事を何一つ持ち越さなかった。そのせい?
まるで見通しが良い広い丘に立っているようです。

いまだ苦悩持ち越してしまった仲間や友、去年の私のように鼻息荒く気合い満ち満ちた人、色々居ますが互いに交わり、また何か見いだしながら、それぞれ心に想う事が形に成る年になるといいな。


さて、陽くんに習って今年胸に止めておきたいことを幾つか~

 ◎ よく訓練する
 ◎ よく説明する
 ◎ 合わせすぎない
 ◎ 考えすぎない
 ◎ 大いに創る

こう見えて、守りを優先する性質。
人も振り回すけど自分もけっこう振り回されるので、今年はどっちもなしにしよう。修行僧のように自己鍛錬に重心をおきたいと思ってます。

といっても独り善がりにならぬよう、苦手な「説明」もちゃんと周囲にやっていこうと!(汗)

とある知人のブログにて・・・10行のライブで知り合った同士が
「10行を応援してくれてありがとう」と挨拶交わしたとあり、、、新年早々泣けました。
ある人は「私は10行ファンと同時に、同志の気持ち」と、、、またまた心熱くたぎるもの感じた。

色んな人生の中でたまたま出あった十字路は、偶然ではなかったかもしれないな。ここから先は指針のない己が細道。
孤独と思えば孤独に嘆き、闇と思えば闇に怯え、羨めば妬みに苦しむ。
けれど、何があっても越えると決めれば時も隣もなく
何があっても己が鍛錬と思えば、その先の光が待ち遠しく
あの十字路に仲間ありと思えば、独り歩く勇気も得る。

なんの確証もないけれど、自分だけは想いで動かせるよね。
だから、思い出す“目印し”たてましょう
[PR]
by jyugoo | 2006-01-06 19:59 | Vocal. 樺里美

年のはじめに

今年の年末年始は特に何をするわけでもなく過ごしました。そんなお正月休みも今日で終わり、明日からまた仕事が始まります。

これまで毎年お正月にはその年の目標設定をしてきたのですが、きのうは今後6年間の目標を設定。相当に高い目標なんですが、「すべては理想を掲げることから」というのが昔からの私の考え方なので、理想(目標)に向かって突っ走ってみたいと思います。これまでは毎年なんとかクリアしてきているので、たぶん大丈夫なのでは?

あと、今年は特に以下の3点について気をつけて生活したいと思います。

■時間の使い方をよく考える

時間は有限ですので、1日24時間をどう配分するかをよく考えること。つまり「○○の目標実現のために、今、どのくらいの時間を使うべきか?」をよ~く考えて、行動すること。

■お金の使い方に計画性を持つ

これまではちょっとでもExtra Moneyが入るとすぐに使うことばかり考えていましたが、そういうのはやめます^^;

■シンプル・スマートに暮らす

これだけ情報が溢れているといろんなものに気を取られてしまいますが、目標達成に注力し、そこへの最短距離を熟考。目標達成以外の部分に費やす時間やお金を極力減らして、結果、シンプル・スマートに暮らしたいです。
[PR]
by jyugoo | 2006-01-04 08:21 | Bass.安田陽